酵素を摂取して健康カラダを手に入れよう。

不足する原因

元気な女性

私たちの体にとって欠かせない酵素ではありますが、それは年齢を重ねると共に減ってしまう物質であると共に、さまざまなことが原因で不足してしまう物質でもあります。その主な原因として、「睡眠不足」、「ストレス」、「偏った食生活」があげられます。
酵素とは、起きている間に消化され、眠っている間に生成されるのですが、その睡眠時間が短かったり睡眠の質が悪かったりすれば、十分な量を生成することができません。また、ストレスを抱えると、酵素の働きを活性化させるセロトニンという物質が減ってしまい、酵素の量自体も減ってしまいます。他にも、肉や魚ばかりを食べていると、タンパク質が分解しきれずに体の中に溜まってしまい、酵素不足を引き起こしてしまうのです。

体内の酵素が不足してしまえば、体にはさまざまな悪影響がもたらされてしまいます。まずあげられる悪影響として、「太りやすくなること」があげられます。また、肌荒れが生じたりシワやたるみが目立つようにもなります。他にも、なかなか疲れが抜けなくなったり、二日酔いになりやすくなったり、血液がドロドロになったりするのです。血液がドロドロになり血行が悪くなれば、さまざまな病気を引き起こしてしまうことにも繋がるのです。
酵素が不足すると腸内環境も悪くなってしまうので、口臭や体臭の原因にもなります。腸内環境が悪くなることは便秘を引き起こすことにも繋がり、体調不良やボッコリお腹にもなってしまうのです。